注意看板

デモ活動で使われているのは、言葉で発する事に加え、見る者に対して視覚的に何かを訴える事に意味を持っているとも言えます。
ただ騒ぎたてるだけではなく、本質を突く事が狙いだと言われております。
皆が作っている看板や横断幕ですが、悪質な物は基本的には排除されます。

デモ活動に悪質な物が印刷されて出てきますが、基本的には視覚的に何かを訴える事こそが本質なのです。
簡単に作る事ができ、簡単に印刷する事が出来る世の中で、表現の自由が認められています。
これらはあくまで相手に何かを感じ取らせるための物であり、悪用しないで相手に伝えられるものであって欲しいものです。

ラムネの吊るし

一般的に看板や横断幕は人の視界に入ってくるものです。
これらの看板と横断幕は、ただそのまま存在するのではなく、下書きをして、本書を施した後に印刷されてから完成します。
印刷の質で看板や横断幕の出来栄えが変わり、人々の目に留まるか留まらないかが分かれてしまいます。

横断幕は体育祭や夏の高校野球の甲子園、競馬場のパドック、さらにはデモ活動で良く見かけます。
競馬場のパドックに存在する横断幕は、その馬や騎手の持ち味をイメージして作られているものが多いです。
数が多ければ多いほど、人気のある馬・騎手である事が一目瞭然でわかります。
高校野球・甲子園では選手を応援するためだけに存在するのではなく、その組織の意義や体系を表していると言っても過言ではありません。
このチームはどういうチームかを横断幕に載せて表現しています。

公園の案内板

企業のPRやスローガンの徹底、応援といった様々な目的のために看板や横断幕などに巨大な文字や絵を描いて活用することがあります。
遠くにいる場合にもよく見えることが大きな利点ですが、作成する際の基本を抑えておくことでよりコストを下げながら効果的で美しいものを作ることが可能になることは覚えておく価値があります。
印刷の基本として色の粒の集合で行われるということがあります。
テレビなどの場合も同様ですが、三原色や黒など基本となる色を細かい粒で撒いてその濃度の差で表現することが基本となります。
小さな写真などは密度が高く精緻な印刷を行いますが、看板や横断幕などのように距離を置く大きなものの場合には近くで見ると荒いくらいの印刷で行うことで遠目にはスマートなものとなる場合もあるのです。

精緻な印刷はより面積当たりのコストがかかりますから、適切な画素数を割り出したうえで密度を決めることが大切です。
看板や横断幕ならば主眼とする対象との距離がどのくらいになるのかを基準にするとわかりやすくなります。
看板ならば地上からの高さ、横断幕ならばスタジアムや屋内など場所に合わせた想定をするとざっくりとした計算を行えます。
細かさといった基本を踏まえたうえで色の数や配色などを決定していくことでより読みやすく伝えやすい内容に仕上げていくことができます。
色や形などの基本的なイメージを理解したうえでデザインするとより効果の高いものとなります。